ファントムビジョン

もはやただの雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

車輪の国、向日葵の少女 レビュー

※多少ネタバレを含んでいる可能性があります。気をつけて書きますが・・・
 
 
つーことでやっとクリアしました・・・・
 
このゲーム長いです・・・・すごく。
しかし、実にスバラシイ!!
 
俺の中での評価
 
立ち絵     ★★★☆☆
イベントCG  ★★★★☆
音楽      ★★★★☆
ストーリー   ★★★★★
 
こんな感じです。
立ち絵とイベントCGに関しては好き嫌いが出ると思う。俺は全然問題なかったけど、立ち絵とイベントCGだとキャラのイメージが少し変わるのが気になったかな。
 
 
設定
 
架空上の国で、我らが日本はSF小説として登場するといった中々変わった設定です。他にも「義務」だとか「特別高等人」など、この作品だからこそ出来る、独創的な設定があります。
 
 
キャラ
 
攻略可能キャラは4人+全員(?)です。
紹介はネタバレしないように軽くいきます
 
森田賢一(もりたけんいち)
主人公。特別高等人候補生。独り言が多い。
けど、いままでやったどのゲームの主人公よりカッコいい上に強いと思う。最後のほうのシーンは鳥肌たった・・・ホントカッコよかった。
 
日向夏咲(ひなたなつみ)
おそらくメインと思われるキャラです。
常にボーっとしてます。もしくはビクビクしてます。
異性に触れることが出来ない「恋愛できない義務」を負う
 
三ツ廣さち(みつひろさち)
元気いっぱいキャラなのにパソコンで為替とかやっちゃってます。
以前はギャンブルにはまっていて、そのせいで「1日が12時間しかない義務」を負っている。この義務は、時間が来ると「止まる」ために薬を飲む、といったものです。それなら飲まなきゃいいじゃんとか言いそうですが、そうもいかないんだよなぁ・・・
 
大音灯花(おおねとうか)
委員長です。ツンデレです。そしてドジです。
こりゃ完璧です、ある意味(笑)
親からの命令に逆らえない「大人になれない義務」を負う
 
樋口璃々子(ひぐちりりこ)
主人公の姉です。義姉。
ちょっとヤバイ感じがするボーイッシュな姉ちゃんです。
義務に関しては、ネタバレになるかもしれないので書きません、プレイしてください。
 
こっからはサブキャラ
 
南雲えり(なぐもえり)
いちばん哀れなキャラ。あんな理不尽な理由で・・・・
 
卯月セピア(うづきせぴあ)
童話作家(?)本名磯野(名前は忘れた)
妖精とか言っちゃってます。面白いです、このキャラ。
変な言動とかに実は意味が・・・・
 
まな
さちが飼っている(?)異国人。
さちの話において重要なキャラ
 
大音京子(おおねきょうこ)
灯花の母。厳格な人。
 
法月将臣(ほうづきまさおみ)
主人公の上司。特別高等人。
最強です・・・ホント。強すぎます。
 
こんな感じ。このゲームは男性キャラがすごく濃かったと思う。
 
 
シナリオ
 
全5章構成です。
主人公が特別高等人になるために最終試験場となった田舎町にやってくるところから物語がはじまります。
そこで、義務を課せられた少女たちと出会い、その義務を解消していく・・・といった流れで話が進みます。
 
毎章の最後のほうに、かなりハッピーな感じになるんですが、絶望に落とされたりすることがあります。それもまた感動を誘うんですが・・・
 
要所要所で叙述トリックが使われており、最後にそれらすべてが明らかにされたときには鳥肌が立ちました。
かなり読ませる力のあるすばらしいシナリオです。俺がやったことのあるゲームでは少なくとも3位以内には入るほどのすばらしいシナリオでした。
 
 
操作など
 
操作は特に特殊な所はなく、普通のアドベンチャーゲームとなんら大差はありません。
 
 
攻略
 
攻略は比較的簡単です。好みのキャラに合わせた選択肢を選んでいけばふつうにクリアできます。
しかし、ちゃんとBADENDもあります。自分はわざわざロードしてBADも見ましたが。
 
 
プレイ時間
 
結構長いです。多分20時間ぐらいじゃないかと。
いいタイミングのセーブがないと他キャラの攻略に時間がかかるため、30時間以上かかる可能性もあります。
二週目以降は正直言って作業です。シナリオが一本道なので・・・
 
 
音楽
 
結構いいです。場面にあわせた音楽がちゃんとあって、盛り上がるところはとことん盛り上がり、哀しいところはとことん哀しくって感じです。
 
 
総評
 
何度も言うようですが、実にスバラシイです。2005年に発売したゲームの中ではおそらく一番じゃないでしょうか?少なくとも俺の中ではそうです。
しかし、シナリオは全体的に重いので、そういったのが苦手な方にはあんまおすすめできません。というかやっても挫折します、絶対。
 
笑えるところは笑えて、哀しいところは泣けます。そういった要点はちゃんとおさえてます。この壮大なシナリオと設定は実写のドラマや映画にしても全然問題ないと思うほどです。
 
OVAとかテレビアニメ化を激しく希望します!!


 
スポンサーサイト

Google
  1. 2006/02/08(水) 22:39:58|
  2. ゲームレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Adsense | ホーム | ネビリム戦(ハード)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://anigamecomic.blog47.fc2.com/tb.php/10-3b4c9cff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:ichijo102
『コンチェルトノート』を応援しています!

ほしうた2008年秋発売予定


最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。